×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

排卵期が近づくと.....

子宮頚管(しきゅうけいかん)とは、子宮腔と膣を結ぶの子宮頸部のことです。子宮頸管は、日頃は無菌状態の子宮を細菌の侵入から守るため、普段は乾燥気味になっています。常に酸性が保たれています。

ところが、排卵期が近づくと子宮頚管からアルカリ性の粘液を分泌されます。そうすると、酸性が苦手な精子が活発に運動できる状態になるわけです。子宮頚管から分泌される粘液を子宮頚管粘液といいます。


流産経験、長年の不妊治療でもダメだったのに、

たった2ヶ月で自然妊娠!



>>今すぐ確認してみる。





この子宮頚管粘液を顕微鏡で見たとき、一本筋が通っていて、その周りにシダの葉のように筋があると、排卵日間近であるというサインです。

またその粘液が、透明でやわらかく粘りけがあり、10cmぐらいのびるようになると、排卵日が近い、または、排卵日を過ぎたところというしるしとなります。すなわち妊娠しやすい時期だとわかります。

でも自宅に顕微鏡がある人は少数派です。もっと簡単に知る方法があればって思いますよね。唾液で調べる方法があるんです。唾液でチェックできる市販のチェッカーがあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
唾液でチェックできる市販のチェッカー


コンテンツ
排卵期が近づくと.....
市販チェッカーで排卵日を知ろう
リンク
リンク集

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

排卵痛があれば妊娠しやすい可能性が高まります。 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加